後で後悔せずに済む!パソコンの選び方をご紹介

デスクトップかノートパソコンか?

パソコンは大きくノートパソコンとデスクトップパソコンの2種類に分けられます。ノートパソコンの利点は何と言っても持ち運びができることです。一方でスペックはそれほど高くないものが多く、同時に複数のプログラムを開いていると動作が重くなったりすることがあります。デスクトップパソコンはその逆で、持ち運びこそできませんがスペックが高く、ゲームなどをプレイするのにも適しています。予算に余裕があるのであれば、両方購入して使い分けるのも一つの手でしょう。

仕事用のパソコンはどう選ぶ?

仕事用のパソコンに求められるのが、効率の良さです。これを実現しているのが「法人用パソコン」と呼ばれるものです。ゲームなど、仕事とは関係ないアプリケーションが最初から入っていないため、作業をスムーズに行うことができますし、価格も安いというメリットがありますね。仕事用のパソコンでもう一つ重要な要素はセキュリティの堅牢性です。万が一仕事に使うデータが外部に漏れでもしたら大変なことになるため、この点にも気を付けたほうがいいでしょう。

オペレーティングシステムは何を選んだ方がいい?

パソコンにはオペレーティングシステム、通称「OS」と呼ばれるソフトウェアが存在し、パソコンを使用するためには必須です。OSには様々な種類がありますが、一般的に使われているものは「Windows」と「Mac」の2種類です。どちらかというとWindowsの方が多く普及しており、個人のみならず企業で使われていることも多いですね。一方でMacはデザイン性が高く、慣れてくると直感的な操作がしやすくなるというメリットがあるので、好みの方を選ぶと良いでしょう。

パソコンとはパーソナル・コンピュータの略語で書類をや計算をしたりプログラミングや音楽、画像などといったデジタルコンテンツを制作できる機器です。

You may also like...