もっと効果的になる!?ポスターデザインの工夫3つ

距離を置いて見た時の見やすさを配慮して

販促用としてチラシを作る場合とは異なり、ポスター制作を行う場合はチラシと同様の方法を取れば良いという訳にはいきませんよね。用紙のサイズが大きくなるからといって、なるべく多くの情報をポスターに詰め込んでしまうと逆効果になります。ポスターのデザインを考える際には、距離を置いて見てもらうことを前提にします。ある程度離れて見た場合に、見やすい文字のサイズを選択して、掲載する情報量にも気を付けることがポイントです。

パッと見て読み取りやすい情報に絞る

ポスター作りで大切な要素の一つが、レイアウトです。チラシを作る時と比較すると、ポスターは目に入るまでの距離が異なるので、レイアウトについても実際に仕上がるサイズを考慮してレイアウトしていくのがコツです。また、大切なのは一目見て伝えたい情報が見た人に届くようにデザインすること。詳しい解説の文章を載せても、遠くから見ると読むのが難しくなるので、すぐに読み取ることができる情報に絞った方が効果が高くなりますよ。

タイトルはできる限り簡潔に

ポスターに掲載する文字を選ぶ上で気を付けたいのは、ポスターの紙面上でインパクトの強いタイトルの見せ方を工夫することです。この時、できる限り簡潔に訴えるようなスタイルにすると、よく目立つポスターを作ることができます。また、文字が持つ役割に従って書体やサイズを調整することも大切ですよ。例えば、小さい文字を使う時にゴシック体で表示してしまうと、文章が読みづらくなることがあります。タイトルの文字サイズは一番大きいサイズにして、リードについてはタイトルのサイズより小さめにするとバランスが良くなります。

激安コピー印刷のサービスでは料金が安いだけでなく、高品質で迅速対応なので急ぎの場合にも便利だといえます。

You may also like...