好印象を与える電話応対のテクニック!知られたくないそのテクニックとは?

相手が目の前にいるとして応対をする

電話で応対をする場合と、実際に人が目の前にいて応対するのとでは応対の仕方に違いが現れますよね。実際にいる場合は、相手の顔の表情などから言葉を考えてしまう事もあります。自分の姿を好印象として伝えたいために、元気な姿を振る舞う事もありますよね。電話で応対する場合は、相手の表情が分からないためこの気を配る思いが欠けてしまう可能性がありますよ。相手の言葉の口調から、相手の姿を目の前にイメージとして映し出し、そのイメージと応対をすれば言葉に輝きを作り出して行く事が可能になりますよ。

電話はかけた相手が最後に電話を切る

電話対応をする方の中には、先にかけたにもかかわらず、先に切ってしまう方がいますよね。この行為は、相手に失礼な態度として印象を与えてしまう可能性がありますよ。例えば、商品を紹介する営業をセールスとしてかけた場合、購入する意思が無いと分かれば目的が達成できない相手だと判断をして直ぐに切ってしまう様な行動です。相手が切るまでは、考えを改めて購入する可能性がありますよね。又、好印象を与える内容が、後々購入したい思いを持っていただける可能性だってありますよ。本来の目的は二の次、三の次として、第一の目的はどの様な内容であろうとも好印象を与える事が大切と言えるでしょう。

興奮と抑制のバランステクニック

電話応対と言うのは、元気な言葉ですと相手の心に響きかせて元気にする事が出来ますよね。この元気な内容と言うのは、相手を興奮状態にする事が出来ますよ。このテクニックでよく利用されているのが、テレビ通販番組で商品を紹介している方々です。ただし、興奮ばかりでは危険な内容だと判断される事があるため、抑制力を利用する必要性があります。そのテクニックは、普段話す言葉よりも遅く話す技ですよ。この抑制に対する内容も、テレビ通販番組の司会者が利用するテクニックです。電話応対は、興奮と抑制のバランスが大切であり、この点を意識して行く事が大切と言えるでしょう。

社員研修は新入社員、特に新卒の社員には重要な行事です。新しい環境でやるんだ、という気分と一緒に働く仲間意識を作ってくれます。

You may also like...