そもそもサーバーって何?サーバーは簡単に言えば図書館!その内容を詳しく解説!

サーバーの内容をホームページで分かり易く解説

ホームページとは、一種の本の様な内容であり様々な情報が掲載されていますよね。その本を読んでもらうためには、人が集まる図書館の様な場所に収める必要性がありますよ。それが、サーバーと呼ばれる場所になり、多くの企業がこのサーバーを提供されています。そのサーバー内にある本棚に本を収める姿と言えるでしょう。ただし、収めるだけでは検索エンジンから検索できる訳では無く、検索エンジンがどの図書館のどこの本棚にどの様な本が納められているのかを知る必要性がありますよ。検索エンジンは、既に検索エンジンから登録されているページにあるリンクをたどって新しいページを探していきますので、検索エンジンに登録されているページから新しい本のページにリンクを張る事が大切ですよ。

サーバーは様々な表現が出来る運動場の様な場所

サーバーは図書館の様な場所として例える事が出来ますが、実際にある図書館は本と言う書籍しか収まっていませんよね。本というのは、一方的に情報を受ける内容であり、こちらから能動的な働きを与える事が出来ませんがサーバーではそれが可能になりますよ。例えば、身長と体重のデーターをサーバーに送り、サーバー上で計算をさせて痩せている太っているかなどの健康診断のデーターを求める事も可能です。サーバーと言うのはあえて言えば、運動場の様な場所でもあり、運動場では先生が一方的に伝える朝礼もあれば、文化祭などには好きな事を各々で発表する場所としても利用されますよね。もちろん、ネットショップや、ホームページ上で行うゲームなども構築する事が可能です。

サーバーを借りる時のポイントとは

サーバーを借りる場合は、処理が早い方が望ましいと言われていますよ。図書館で例えるならば、何人の職員で運営しているのかと言う考え方に似てると言えるでしょう。職員が一人であれば、本を貸し出すために行列が出来て、貸し出すまで時間がかっかてしまうかもしれませんよね。サーバーには専用サーバーと共有サーバーに分かれてまして、共有サーバーとは本棚を共有し合って扱う姿に似ています。もちろん、専用サーバーであれば、独占で図書館を専用できるため処理に対するリスクを最大限に抑える事が可能になりますよ。

レンタルサーバーでは、企業や個人向けに対してサーバーを設置してくれます。安価で健康的な水を確保できます。

You may also like...